KINGMAX ,未来の扉を開く

環境負荷

現在、世界中で1日に約15億本のペットボトルが捨てられており、たった1本のペットボトルが自然分解という過程を経て分解されるまでには700年もかかると言われています。そのうち、新しいボトルの製造に再利用されるのは、わずか7%です。 これらのボトルの多くは、埋め立てられたり、ゴミと混ざって海に沈んだりして、 海洋生物や地球環境にとって大きな脅威となっています。

資源循環

マイクロファイバー業界では、廃棄ペットボトルを原料としてリサイクルし、新しいマイクロファイバークリーニング用品の生産にフル活用するという、資源循環と経済性を両立させる方法が見出されています。 本来の「取って・作って・捨てる」から「取って・作って・リサイクルする」への転換は、環境汚染や資源の浪費を減らし、 二酸化炭素排出量の削減という世界的な目標に応えるものです。

未来まで持続可能

KINGMAXは環境に優しい再生ポリエステル素材を使っています。サステナブルな製品づくりを目指し未来への貢献をいたします。 一枚ごとに、500mlの廃棄ペットボトル約1.5本分が使用されています。

購入するたびに、地球を救う

KINGMAX rPETリサイクルマイクロファイバークロスは、耐久性に優れ、500回の洗濯が可能。 掃除のベストパートナーであるだけでなく、洗浄のための人件費と時間を節約することに貢献します。